So-net無料ブログ作成
検索選択

自転車を組む その2 [自転車の話]

フレームにWレバーをつけるための台座を、ロウ付けした。


ロウ付けの作業  

変速機を、昔のWレバーにするため、フレームに台座をロウ付けした。
この台座、500円くらいのものなのだが、売っているところが
なくて、見つけるのに苦労した。東急ハンズで売ってなくて、
サイクルベースあさひでなくて、結局、ネットの海のなかを
漕ぎ出して、ようやく見つけたのであった。
商品500円+送料600円。
送料の方が高くついてしまったわい。
 
 
「いまどき、Wレバーかよ。」とか言われそうだけど、
レースに出るわけでもないのに、デュアルコントロールレバー
なんかいらない。いま、私が乗っている自転車には、バーエンド・
コントローラをつけているのだけど、シンプルな構造で
確実な操作ができるWレバーは、やはりいいと思う。
 
 
ロウ付けの方法だけど、バーナーであぶって、フラックスが
溶けたところで、銀ロウを流し込む。
なーんて、手馴れたような書き方をしているけれど、
じつは、私にとってロウ付けをやるのは、これが初めてである。(笑)
まあ、ハンダ付けと同じようなもの。ハンダ付けよりも、
温度が高いぶん、少しやりにくかったけど。


台座が付いたところ 


Wレバーをつけたところ 
 
 
ということで、先々代の自転車に付いていた、古いシマノの
Wレバーが復活した。
つぎは、いよいよフレームの塗装である。
でも、天気のいい日に、1日がかりの作業になるから、
いつのことになるやら、である。
(^^;



共通テーマ:スポーツ