So-net無料ブログ作成

鎌倉~小田原を走ってきた [太平洋岸自転車の旅]

久しぶりに、太平洋岸自転車道走破の続きをやった。
今回は、鎌倉~小田原間である。


午前中は、くっさん。さん、 micyuさん、murasawaさん、 ももずさん、
barbieさんたちといっしょに、鎌倉~江ノ島間を2時間ほど
かけて走った。
リアルの友人であるmicyuさんの企画に乗せていただいたのである。
おかげさまで、とても楽しい時間をすごすことが出来ました。
みなさん、どうもありがとうございました。
m(_ _)m


昼食後、「じゃ、私はこれで失礼します。」といって、みなさんとお別れして、
太平洋岸自転車道走破の続きをすることにした。
すでに、午後2時をまわっていた。

まずは、鵠沼~茅ヶ崎までの自転車専用道路を走る。
通称、湘南サイクリングロード。
鵠沼橋の手前から茅ヶ崎まで、距離にして、だいたい8kmくらいであろうか。
海岸沿いの景色のいいところを走るから、楽しいコースである。
沿線にはレンタサイクルも多いから、気軽に走ることができるし。
昨年の台風の影響で、茅ヶ崎の市営プール付近が破損していたのだけど、
今回、私が走ってみたところ、無事に復旧していた。

けれども、この道路、昔からそうなのだけど、風が吹くと砂でうまる。
私の自転車は長距離ツーリング仕様だから、太いタイヤを履いているので
平気だったけど、ロードスポーツや小径車だと、ハンドルをとられてしまう
かもしれない。また、自転車道とはいえ、ジョギングや散歩をしている人が
すごく多いし、ひんぱんにサーファーたちが横断してくる。
要するに、スピードを出すことができないから、注意が必要である。

bikeroad1.jpg
鵠沼海岸~茅ヶ崎間  ※携帯電話のカメラなので、画質が悪いです。



つぎに大磯~二宮間であるが、現在、ほんの3kmほどではあるけれど、
太平洋岸自転車道が開通している。場所は、JRの大磯駅を過ぎ、
大磯中学のあたりから、西湘バイパスの山がわを走るのである。
この道は、ご存じない方が多いだろう。ていうか、ほとんどの人は知らないと思う。
今回、私が走ったときも、地元の人以外は走ってなかった。

意外と景色はいい。
西湘バイパスごしに、海を見下ろすことになるから。
路面の状態はまずまずだし、誰も走っていないから、スピードを出すこともできる。
ただし、けっこうアップダウンがある。
それと、排水が悪そうだから、雨が降ったら、水たまりができそうである。
走るのだったら、晴れの日にした方がよさそうである。

Bikeroad2.jpg
大磯~二宮間



ということで、今回の記事のまとめであるが、鵠沼~茅ヶ崎間の太平洋岸自転車道は
景色のいいところを走るので、快適である。レンタサイクルもあり気軽に走れるから、
ちょっとサイクリングでもしてみようか、という方にはおすすめのコースである。
けど、路面はよくないし、あまりスピードを出すと迷惑がかかるから、注意が必要。
大磯~二宮間は、誰も知らないからすいているし、意外と景色はいい。
興味がある方は、茅ヶ崎からちょっと足を伸ばして、走ってみるといいと思われる。


共通テーマ:旅行