So-net無料ブログ作成

室生寺のシャクナゲ [ツーリング情報]

室生寺のシャクナゲは、いまが見頃である。


murouji1.jpg
シャクナゲの花


mapion.gif 室生寺


奈良県の室生寺(むろうじ)に行った。
ここは、シャクナゲの名所として有名であり、
シーズンになると、多くの人が訪れる。
そして、いま、室生寺のシャクナゲは、ちょうど見頃である。

室生寺の建立は、奈良時代末期。
真言宗(密教)のお寺である。
女人禁制だった高野山に対し、室生寺は女性の参詣が許されていた
ことから、女人高野(にょにんこうや)の別名がある。
四国霊場八十八ヶ所を巡礼したお遍路は、
最後に高野山に参って上がりとなるわけだけど、
高野山が女性の参拝を禁じていたころは、
女性は室生寺に参っていたようだ。

もちろん、今日では、そのような差別はなく、
女性も高野山に参拝することができる。
けれども、女人高野の伝統から、
四国八十八ヶ所をまわってから、
最後に室生寺に参拝する女性のお遍路も多いようだ。
私が室生寺を訪ねた5月4日も、
たくさんの白衣を着た女性のお遍路さんがいた。

室生寺は、女人高野というイメージがあるからか、
女性的なしなやかさと清楚さを感じるお寺である
シャクナゲも、淡いピンク色の上品な花で、写真に撮っても美しい。
シャクナゲと国宝の五重塔は、いい絵になると思う。


RIMG0021.JPG
五重塔(国宝)とシャクナゲの花


リンク
室生寺



ということで、今回の記事のまとめであるが、
室生寺のシャクナゲは、例年、4月末から5月初めごろが見頃。
今年は、寒い日が続いたからか、いまがちょうど見頃である。
機会があれば、訪ねてみるといいと思われる。


オートバイで室生寺を訪ねる方に、ひとつだけ、アドバイスを。
室生寺は、女人高野という名のわりには、
結構、長くてきつい石段がある。
前掲がきついライティングブーツでは、とても登りにくい。
できれば、べつに運動靴を用意して、はき替えてから
参拝するとよいだろう。

ライディングブーツは、前傾姿勢でオートバイに乗るのにむくように
つくられている。また、いざ、転倒したときには、安全に滑るように、
つるつるのソールとなっている。
だから、そもそも、山登りをするには向いていないのである。
今回、私は、ライディングブーツで奥の院まで上がって行って、
かなり苦労してしまった。

...アホでした。
(^^;



共通テーマ:旅行