So-net無料ブログ作成
検索選択

長谷寺のボタン [ツーリング情報]

長谷寺のボタンは、この週末が、見ごろの最後であると思われる。


pink+red2.jpg
ピンク+赤

pink.jpg
ピンク

white.jpg


rose.jpg
ローズ

red.jpg



室生寺を訪れたあと、私は長谷寺に向かった。
長谷寺は「花の寺」として名高く、
サクラ、ボタン、ハナミズキ、フジ、アジサイ、ムクゲなど、
四季折々に花が咲く。
4月中旬から5月初めごろまでは、ボタンが見ごろであり、
約30種のボタンが咲き誇る。

長谷寺のボタンは、寺の伝えるところによると、
奈良時代に中国から伝わったということだ。
当時の中国では、ボタンは花の王といわれていたらしい。
また、ボタンの根は漢方薬になり、頭痛、腹痛などに効果がある。
長谷寺では、観賞用というよりはむしろ、薬用として栽培されてきた
とのことである。

ボタンの花が咲くころの長谷寺は、非常に美しく、
境内のところどころで、スケッチする人が目立つ。
写真をやる者にとっても、長谷寺は、とてもフォトジェニックなお寺
として有名である。
けど、大型連休の時期は、あまりにも多くの人がいるので、
なかなか、いい写真を撮るのはむずかしいけど。

hase.jpg
長谷寺本堂とボタンの花


リンク
長谷寺

mapion.gif 長谷寺



ということで今回の記事のまとめであるが。
長谷寺のボタンは有名であり、今週末までが見ごろである。
機会があれば、ぜひ出かけられるといいだろう。


それにしても、全国に長谷寺というお寺は、どれくらいの
数があるのだろう。
関東ではもちろん、鎌倉にある長谷寺が有名だけど、
mapionで検索してみると、ざっと5~60はかるく出てくるし。
どうも、共通項としては、観音様をまつっていることがあるようだ。
奈良の長谷寺は、全国の長谷寺の総本山ということなのだろうか。

また、日本全国の長谷川さんは、この長谷寺と、なんらかの関係が
あるのだろうか。
そもそも、なんで、長谷と書いて、「はせ」なんだろう。
長谷寺にまつわるナゾは、限りなく多いのである。(笑)



共通テーマ:旅行