So-net無料ブログ作成
検索選択

銚子~太東 自転車ツーリング [太平洋岸自転車の旅]

銚子から太東 (たいとう) まで、走ってきた。


iioka.jpg
飯岡九十九里自転車道

●走行データ

  使用した自転車   ロード
  チェーンリング    52T-39T
  カセットスプロケット 11-25T(9段)


  総走行距離 約87km

 JR銚子駅10:20→犬吠埼10:50→銚子電鉄外川駅11:10
→飯岡九十九里自転車道入口12:10→白子15:30
→JR太東駅16:50



taito.gif



新しく組んだ自転車のデビュー戦をどこにしようか、ちょっと迷った。
完成した自転車は、ギア比 (前52-39T、後11-25T)の関係で、
急勾配区間に行くことはできない。また、タイヤの幅が23ミリなので、
悪路にも入ることができない。現在、メインで乗っているクロスバイク
の改造車にくらべると、その走破性は、格段に落ちる。

それは仕方がない。

そういう自転車に仕立てたのは、他ならぬ、私自身なのだから。
ひさしぶりに、舗装路面を速く快適に走ることができるような自転車に
乗りたくなったので、かつて使っていたフレームとパーツを集めて、
1台の自転車を組み立てたのであった。

ということで、全区間を通じて、なるべく平坦であり、なおかつ、
完全に舗装されていること。それが、新しく組んだ自転車の
デビュー戦コースの条件なのである。

いろいろと考えたけど、結局、太平洋岸自転車道を走ることにした。
現在、私は自分の旅のテーマとして、太平洋岸自転車道の完走を
めざしているわけだけど、新しい自転車にも、その旅の戦力として
参加してもらうのが、いちばんいい、と思ったのである。
このあたりの理由は、他人には説明しづらい。
わかる人だけわかってくれれば、それでいいや。

ということで、前回のゴール地点である銚子からスタートして、
千葉県内の太平洋岸自転車道を走ることにする。
今回のコースは、九十九里浜に沿った区間であるから、急勾配はない。
新しい自転車のギア比 (前52-39T、後11-25T)でも、十分、行けるだろう。
あ、例によって、今回もひとりで走りますから。(笑)



chosi_st.jpg
銚子駅にて


inubo.jpg
犬吠崎にて


tokawa.jpg
外川駅にて


銚子駅までは、総武本線で輪行した。
駅で自転車を組み立て、まずは、犬吠埼に行く。
犬吠埼に来たのは、およそ、25年ぶりくらいである。
とりたてて感動もなく、写真だけ撮って、先にすすむ。
外川 (とかわ) 駅は、銚子電鉄の終着駅。
古い木造駅舎は、なかなか味わいがある。
朝の連続TVドラマ「澪つくし」 (みおつくし=1985年4月~10月、主演:沢口靖子)
のロケが行われたところで、ドラマを見ておられた方にとっては、
なつかしいかもしれない。


太平洋岸自転車道に指定されている飯岡九十九里自転車道は、
とても景色のいい自転車道であった。
ずっと、海を見ながら走ることができる。
ただし、部分的に砂に埋もれているところがあるのと、
サーファーたちが、自転車道にクルマを置いたり、
ボードを置いたりしているので、通行するのに注意が必要である。
まあ、べつに、サーファーたちに対して、
「ここは自転車道なのだから、ボードを置くな。」
などと、せこいことを言うつもりはないけど。
ただ、サーファーというのは、非常に縄張り意識が強い人種なので、
旅人である自転車乗りとは、相容れない部分が多く、やりにくいのである。


国民宿舎のさか望洋荘の近くで自転車道は終わり、一般道を走る。
自転車の乗り味は、昔のまま。
シマノ105の操作感も、昔のまま。
カシャッ、カシャッ、という感じで、シフトが決まる。
この快感は、忘れかけていたな。
細身のクロモリフレームだから、からだにもやさしいし。
平坦な舗装路を走るには、最高だ。


片貝 (かたかい) からは、九十九里有料道路に並行して、
九十九里大原自転車道があり、ここも、太平洋岸自転車道の
一部となっている。
ということで、片貝インターチェンジまで行ってみたけど、
どこが自転車道なのか、よくわからなかった。
結局、白子(しらこ)インターチェンジまで行って、そこから自転車道に入った。
白子からの自転車道は、まあわかりやすいのだけど、あまり景色はよくない。
基本的に海は見えないし、なんだか暑苦しかったな。

bike2.jpg
九十九里大原自転車道


自転車道は、大原まで続いているのだけど、
この日は、太東 (たいとう) で終わることにした。
太東駅には、大学時代に友人と来たことがある。
夏の暑い日、太東岬まで、いっしょに歩いたことを覚えている。
私は機会があれば、もう一度、訪ねてみたいと思っていた。
およそ30年ぶりに訪れた太東駅は、木造の駅舎が昔のままで、
とても懐かしかった。


taito_st.jpg
太東駅にて




ということで、本日の記事のまとめであるが、
銚子から太東にかけては、太平洋岸自転車道もあるし、
勾配もなく、走りやすい。風さえなければ、おすすめのコースである。
ご興味がある方は、自転車で走ってごらんになるといいだろう。



共通テーマ:旅行