So-net無料ブログ作成
検索選択

ダメ鉄の東横綱 [ダメ鉄ウォーカー]

銚子電鉄は、ダメな鉄道(ダメ鉄)の東の横綱である。


choden1002.jpg
外川駅にて


先日、久しぶりに、銚子に行ったわけだけど、
となると、ダメ鉄ウォーカーとしては、銚子電鉄に触れざるをえない。
日本全国に、ダメな鉄道はたくさんあるけど、
銚子電鉄はそのなかでも、東の横綱である。

リンク
銚子電鉄


なぜ、東の横綱なのか。
まず、なんたって、赤字がすごい。
平成22年3月期における、鉄道事業の営業収益は
約1億34百万円なんだけど、それに対する営業経費は約2億30百万円。
なんと、収入の倍近い経費がかかっている。昨年度だけで
約95百万円の赤字である。

けれども、この会社、鉄道事業以外の副業の営業収益が
約3億77百万円もある。で、結局、トータルで1千万円ほどの
営業利益が出ているのである。

「え? じゃあ、鉄道なんか、さっさと廃止
しちゃって、副業だけにすればいいじゃん。」

と思われた方、正解である。
この会社にとって、鉄道事業は、経営の足を引っ張る存在以外のなにものでもない。


さらにいうと、銚子電鉄は一度、倒産している。
銚子電鉄は、1998年6月に自己破産申請を行い、事実上、倒産した。
その後、県と銚子市が支援することにより、存続することとなったのである。
けれども、その支援を裏切るようなかたちで、前社長が1億1千万円を横領し、
逮捕された。

もう、まさに、ダメダメである。
(-_-;


怒った国と千葉県、銚子市は、銚子電鉄に対する支援を打ち切り、
銚子電鉄は万事休すとなった。
ふつうなら、ここでゲームセットであろう。
けれども、この状況を救ったのが、市民と鉄道ファンによる
ボランティア活動と、前述の副業であった。
とりわけ、副業の収益は圧倒的に大きく、本業の鉄道事業を救ったのである。
「ダメな子ほどかわいい。」という言葉もある。
銚子電鉄は典型的なダメ鉄であるが、現在もたくさんの人に愛され、
走り続けている。




ということで、今回の記事のまとめであるが、
銚子電鉄は、ダメ鉄の東の横綱的存在であるが、
多くの人に愛されて、支援されることにより、今日も走り続けている。
機会があれば、ぜひとも訪ねてごらんになるといいだろう。


私が訪れた日、銚子駅には、もと京王電鉄の2000系電車が入線していた。
銚子電鉄は、まだ当分のあいだ、存続しそうである。
なお、銚子電鉄を救い、年間3億77百万円もの収益をあげている副業とは、
「ぬれ煎餅」である。

IMG_7426.jpg
ぬれ煎餅   出所:銚子電鉄Webサイト



共通テーマ:旅行