So-net無料ブログ作成

太東~千倉 自転車ツーリング [太平洋岸自転車の旅]

太東 (たいとう)から千倉 (ちくら)まで、自転車で走ってきた。


wadaura.jpg
和田浦付近の自転車道

●走行データ

  使用した自転車   ロード
  チェーンリング    52T-39T
  カセットスプロケット 11-25T(9段)


  総走行距離 約78km

 JR太東駅10:40→勝浦市街12:10→行川 (なめがわ)アイランド13:10
→鴨川シーワールド14:20→和田浦15:40→JR千倉駅16:10


chikura.gif
今回走った区間

taito1.jpg
太東駅にて


太平洋岸自転車道走破の続きである。
前回のゴール地点である、JR太東駅からスタートした。
太東駅までは、外房線で輪行した。
駅で自転車を組み立て、まずは、太東崎の灯台に行く。
ここからの眺めは、本当にすばらしい。
あまり有名ではないけれど、日本の灯台のなかでも、
上位に入ると思われるくらい、いいところだ。

国道128号線に戻り、夷隅(いすみ)川を渡ったところで左折。
太平洋岸自転車道に指定されている九十九里大原自転車道に入る。
しばらくは、夷隅川に沿ってすすみ、さらに小さな川を渡る。
さらにもうひとつ、川を渡ったところで、和泉浦という砂洲地形に なったところに入る。
最初の1kmくらいは、順調に走っていたのだけど、海岸に出たところで
自転車道が砂に埋まっていた。

bikeroad.jpg
砂に埋まった自転車道


呆然としていると、地元のおじさんが話しかけてきた。

おじさん 「この砂じゃあ、そのタイヤだと、きついでしょう。」
私    「はあ...。無理っす。」
おじさん 「毎年、いまごろは、台風の風と波で、砂に埋もれちゃう
      んだよね。春になったら、県の人がユンボで砂をとって
      きれいにするから、そのころ、また来るといいよ。」
私    「そうですか。...どうもありがとうございます。」



私は、ちょっと落胆が大きすぎて、うまく受け答えができなかった。
ここを走るために、立川からやってきたというのに...。
そもそも、太平洋岸自転車道は、こういう区間が多すぎる。
つくったはいいけれど、砂に埋まってしまうことまでは考えていなかったなあ、
みたいな、安易につくってしまった区間が、すごくたくさんあるんだよね。

あきらめて、ふたたび国道128号線に戻る。
御宿 (おんじゅく)までは、山のなかを坦々と走る。
途中、いくつかトンネルがあったけど、
車道とはべつに、歩行者用のトンネルがあり、走りやすかった。
御宿は、関東の代表的な海水浴場であり、童謡「月の沙漠」発祥の地
としても知られている。海岸には、ラクダの像がある。
まあ、ああいったものは、1度みれば、それで十分。
今日は見に行かないで、先を急ぐことにする。

勝浦付近の国道128号線は、もともとは、有料道路勝浦バイパスであった。
路肩がほとんどないうえ、自動車のペースは速い。
ということで、自転車が走るには、少々、無理がある。
べつに、自転車は走ってはいけない、とは書いていなかったけど、
まあ、やめておいた方が無難であろう。
国道128号線には、ほかにもこのような区間があるので、注意が必要。
無理をせず、すなおに、旧道を迂回した方がいい。

鴨川にも、太平洋岸自転車道がある。ちょうど鴨川シーワールドの
海側のあたりである。けど、ここも砂で埋まっていた。
あきらめて、国道128号線に戻る。
今日は、いったい、なにをしに来たのか、わからない。
テンションが、下がりまくりである。
このあたりは、いい波が立つポイントらしく、
たくさんのサーファーたちがいた。

surf1.jpg
サーファーたち


なおも、国道128号線を進む。
和田浦の駅をすぎて、2kmほど進んだところに、和田サーフ橋という
斜張橋がある。目立つ存在だから、すぐにわかる。
そこを渡ったところから、また太平洋岸自転車道があるのだが、
ここは、路面状態はあまりよくなかったものの、砂はなく、
どうにか走ることができた。この区間は、なかなか景色がよく、
ようやく、気分がよくなった。

wadabrg.jpg
和田サーフ橋




ということで、本日の記事のまとめであるが、
太東から千倉にかけては、千葉県を代表する観光地であるし、
とても気持ちのいい、シーサイドコースである。
和田浦付近の太平洋岸自転車道は、路面状態はよくないものの、景色がいい。
風さえなければ、おすすめのコースである。
ご興味がある方は、自転車で走ってごらんになるといいだろう。


千倉には、午後4時すぎに着いた。
予定では、館山まで行くつもりだったんだけど、
そこまで行くことはできなかった。
理由は、登り坂でヒザを痛めてしまったからである。
たいした勾配ではなかったんだけど、つい、うっかり、
強く踏み込んでしまった。その後、半月板の周囲に、
軽い痛みを感じるようになってしまった。

もう、若い頃とは違うんだ、ということは、アタマではわかっていても、
なかなか、それを受け入れることができない。
体力とか、運動神経の衰えは、隠しようがないんだけど、
まだまだ、いけそうな気がして、つい、無理をしてしまう。
で、からだのどこかを痛めてしまう、という、ありがちなパターンである。

ヒザを痛めてからは、まったくペースを上げることができなくなった。
ということで、千倉で無念のリタイアであった。

chikura.jpg
千倉駅にて