So-net無料ブログ作成

自転車で相模湖まで行って帰ってきた [その他自転車の旅]

立川から相模湖まで、自転車で往復してきた。


otarumi.gif
今回走ったコース


●走行データ

  使用した自転車   クロスバイク改造車
  チェーンリング    42-32-22T
  カセットスプロケット 11-30T(8段)


  総走行距離 約65km

 立川市内の自宅10:30→JR高尾駅12:15→大垂水峠12:30
→JR相模湖駅13:00→大垂水峠13:40→浅川自転車道14:30
→道の駅滝山15:00→立川市内の自宅15:30



今回も、自転車のトレーニング。
じつは、年末に休みを取って、また、長距離ツーに出ようと思っているのである。
そこで、ここんとこ、週末ごとにトレーニングをしているというわけ。
先々週は藤岡まで行ったし、先週は多摩湖自転車道を4周してきた。 (一周約16km)
今回は、登りのトレーニングをしようと思う。

で、どこに行くか。

立川に住んでいる私にとって、一番手軽なのは、
国道20号線の大垂水 (おおたるみ)峠である。
まあ、大した峠じゃないんだけど、
奥多摩の風張峠 (かぜはりとうげ)まで行くのは、ちょっと大変だから。

午前10時30分ごろ、立川の自宅を出る。
多摩大橋を渡って、八王子市に入り、
浅川 (あさがわ)の自転車道を通って、西八王子まで。
私にとっては、いつもの散歩コースである。
浅川の自転車道は、多摩川サイクリングロードにくらべると、
空いているから、のんびり走ることができる。
途中の堰堤では、コサギの群れがハヤをねらっていた。

asagawa.jpg
浅川自転車道にて

takao.jpg
JR高尾駅

午前11時40分ごろ、JR高尾駅に着く。
この駅、中央線で通勤している方のなかには、
べつに来たかったわけではないのだが、深夜に着いたことがある、
という経験をお持ちの方も、多いに違いない。
新宿駅午前0時41分発の高尾駅の最終列車は、
午前1時37分に、この駅に着く。
もちろん、そこから戻る列車は、もうない。
ということで、みんな、巨大な天狗の像を見ながら、
しばし、呆然としてしまうんだよね。
まあ、近くに住んでいるなら、待ち構えているタクシーに乗って戻ればいい。
けど、立川、三鷹あたりだと、もう、戻れない。
およそ、3時間後の午前4時28分に始発の東京行きが出るから、
それまで待つことになる。
そこから家に帰って、寝る間もなく、ネクタイとシャツを替えて、
会社に行って仕事をするのは、とてもつらいものである。

...すみません。話が脱線しました。

午前11時54分、高尾駅を出発。
しばらくは、だらだらの登り。
京王線の高尾山口の駅に着く。
この時点で、標高は約190メートル。
大垂水峠のサミットは392メートルであるから、
約5.3kmで200メートルほどを登ることになる。
平均勾配は、約4%。

まあ、このくらいなら楽勝である。
私の場合、前のチェーンリングを32T、
後ろのスプロケットは21Tに入れて、
クランク1回転あたり約3.2メートルのギア比で登って行った。
頂上近くになると、ちょっと勾配が急になったから、
後ろを24T、もしくは27Tに入れたかな。

対向車線を、ロードスポーツに乗った自転車乗りたちが、たくさん下ってくる。
軽く会釈をするが、挨拶は返ってこない。
自転車に乗っている人というのは、気難しい人が多く、
とりわけ、ロードスポーツに乗っている人は、
自分の肉体を苛めるのが好きで好きでたまらない、という
ストイックでM系の人が多いのである。
ということで、走行中は自分の世界に入ってしまっているから、
他人との交流を面倒くさがる人が多いのだ。
(同じ自転車クラブなど、よく知っている人との交流は除く)

私も自転車乗りの端くれではあるのだが、
本質的には、“旅人”である。
どちらかというと享楽的だし、見知らぬ人との出会いを楽しいと思う方である。
また、私は自転車なんか、べつに好きでもなんでもなく、
旅をするための手段として、たまたま自転車を選んでいるに過ぎない。
だから、ロードスポーツに乗っている人とは、
相容れない部分が多いのである。


odarumi1.jpg
大垂水峠 (往路)

午後0時30分、峠の頂上に着いた。
峠は薄暗く、見通しも悪い。
かつての大垂水峠は、ローリング族のメッカで、
多くの若者が命を落としたところでもある。
なんとなく不気味なので、すぐに下り始めた。
相模湖がわの勾配は、東京がわよりも緩く、
3~4%くらいである。
私の自転車は、幅35ミリのツーリング用のタイヤをはいているのだが、
それでも、時速えわkmちかく出る。
そうして下っていると、無言のまま、追い抜いていったロードスポーツがいた。
時速70kmくらい、出ていたな。
(^^;

バックミラーに映った記憶がなく、突然出てきたので、
一瞬、ローリングで死んだ若者の霊かな、と思って、ビビッてしまったよ。


sagamiko.jpg
JR相模湖駅

午後1時ごろ、JR相模湖駅に着いた。
通勤電車区間である高尾駅の次の駅とは思えないくらい、
山の中の駅である。
駅前にあるトイレを借りて、噴水のところで午後の紅茶を飲んで、ひと休みした。

さて、戻るか。

今回は、登り勾配に脚をならすトレーニングだから、輪行はしない。
午後1時40分、2度めの大垂水峠を越えた。

odarumi2.jpg
大垂水峠 (復路)




ということで、今回の記事のまとめであるが、
国道20号線の大垂水峠は、標高差は小さいけれど、
東京の西に住んでいる自転車乗りにとっては、
いいトレーニングのスポットである。
これから長距離を漕ごうと思っておられる方にとっては、
脚ならしに、ちょうどいいと思われる。


帰りは、無料化されたひよどり山トンネルを抜けて、拝島橋方面に。
途中、東京都内唯一の道の駅である、道の駅八王子滝山に寄ってみた。
ここには初めて来たけど、まるで農産物の直売所である。
われわれが出した道路特定財源でつくった道の駅で、
農協が商売をしていいのか?、とも思うけど、
もしかしたら順番が逆で、もともと農協が地域振興のためにつくった施設で、
後から道の駅に指定されたのかもしれない。
だから、うっかりしたことは言えないけど、
いずれにしても、ドライバーの利便だけを考えたら、
コンビニでも入れてくれた方が、よほど便利だとは思う。
拝島橋からは、多摩川沿いを走って、午後3時半ごろ、自宅に戻った。


hiyodori.jpg
ひよどり山トンネル

takiyama.jpg
道の駅滝山