So-net無料ブログ作成

大隅半島の山は意外ときつかった [太平洋岸自転車の旅]

大隅半島は、高い山はないものの、微妙なアップダウンがあって、
自転車にとっては、意外ときつかった。

●走行データ
  使用した自転車   クロスバイク改造車
  チェーンリング    42T-32T-22T
  カセットスプロケット 11-30T(8段)



map_sata.gif
今回走ったコース


(1日め) 約52km
JR宮崎駅発14:30→青島15:50→道の駅フェニックス16:20
→油津着17:50(泊まり)


(2日め) 約114km
油津発6:30→南郷07:20→道の駅南郷07:40→通行止め08:10
南郷09:00→串間10:30→志布志着11:40→内之浦15:30
→岸良着17:40(泊まり)


(3日め) 約72km
岸良発08:20→五郎ヶ元09:40→田代10:40→伊佐敷13:10
→佐多岬ロードパーク入り口14:00→佐多岬着15:18
→佐多岬発17:00→大泊17:50(泊まり)


(4日め) 約92km
大泊発08:00→伊佐敷09:40→道の駅根占10:20→垂水15:00
→桜島溶岩道路入り口15:30→桜島港着16:30
※フェリーで鹿児島市内へ (泊まり)

(5日め) 約45km
鹿児島市内発09:00→市内散策→竜ヶ水10:30→姶良11:10
→白金酒造見学→鹿児島空港着14:00




今回、私は宮崎から走り始めて、志布志、内之浦を経由し、佐多岬をめざした。
佐多岬にゴールしたあとは、鹿児島を経由して、鹿児島空港まで自走した。
5日間の行程で、約375kmの旅であった。

今回のコースの難所であるが、やはり、大隅半島のアップダウンである。
事前に登り坂のトレーニングをやっていたとはいえ、かなりこたえた。
下のグラフは、東串良から佐多岬ロードパークまでの
プロフィールマップである。

elevation.gif
東串良から佐多岬ロードパークまでのプロフィールマップ


これによると、東串良を出てすぐ、標高150メートルくらいの小さな峠を越え、
内之浦に入る。内之浦は海岸沿いの町だから、標高はゼロ。
そこから、宇宙空間観測所(ロケットセンター)まで、
標高約250メートルまで、一気に上がる。
そして、岸良まで一気に下り、またもや、標高はゼロに...。
このあたり、精神的にも、ヒジョーに疲れたね。
(-_-;


岸良で一泊し、次の日も、朝からだらだらとした登り坂を登る。
五郎ヶ元で、標高は約450メートルに達し、そこから田代まで一気に下る。
で、標高は約150メートルに。
田代からは、「佐多→」という道路の案内標識に従って、
県道68号線に入ってしまった。
が、これは大失敗であった。
道路案内標識はクルマのことしか考えていないから、
少々の登りがあっても、近いことを優先する。
ということで、伊座敷にいたるまで、標高約600メートルの名もない峠を
越えるはめになってしまった。
すなおに国道448号線を進んでいれば、若干、遠回りにはなったものの、
海岸沿いに進んで、大して苦労することなく、伊座敷まで行けたんだけど。

伊座敷で、標高はまたもや、ほぼゼロになり、そこから大泊にいたるまで、
約200メートルの峠を越える。

♪  エイン ノーマンテン ハーイ イナフ
  エイン ノーマンテン ハーイ イナフ

と頭のなかで歌いながら、必死でペダルを踏む。本当は、

  Cause baby, there ain't no mountain high enough
  Ain't no valley low enough
  Ain't no river wide enough
  To keep me from getting to you


なんだけど、そこまで歌う余裕はなかったね。(笑)
ちなみにこの曲、「天使にラブソングを 2」の最後に使われているんだけど、
あの部分が、私は好きである。

そうこうしているうちに、やっとの思いで佐多岬ロードパークに着いた。
と思ったら、佐多岬ロードパークには、約100メートルの低い峠が2つあった。
最後は発狂しそうになったね。



ということで、今回の記事のまとめであるが、
大隅半島には高い山はないから、意外に思われるかもしれないけど、
アップダウンが連続しており、標高差だけを考えれば、
箱根を越えるよりも、はるかにきつい。
中高年にとっては、決して無理をしないで、
1日70~80kmくらいをめどに計画するとともに、
どこかで一泊して、からだを休めた方がいいと思われる。


万一、峠越えの最中に、具合が悪くなったら、
このあたりは、人口密度が極端に低いところだから、
クルマもめったに通らない。
携帯電話などで助けを呼んだとしても、
救急車が来るのに、少なくとも2時間はかかるだろう。
ということで、たぶん、そこで終わりである。
中高年のサイクリングは、体調管理に十分、気をつけた方がいいと思われる。



共通テーマ:旅行