So-net無料ブログ作成

天武・持統天皇陵に行ってきた [ツーリング情報]

奈良県明日香 (あすか)村にある天武・持統(じとう)天皇
の陵に行ってみた。


jitoh.jpg

リンク
mapion.gif 天武・持統天皇陵の地図



知っている人は知っていると思うけど、天武天皇と持統天皇は夫婦である。
だから、同じ陵墓に入っているというわけ。
ちなみに、天武天皇の兄、持統天皇の父は天智天皇(てんじてんのう)で、
別名(和風諡号)は、中大兄皇子(なかのおおえのみこ)。
そう。中臣鎌足らとともに、蘇我入鹿(そがのいるか)を暗殺した、
その人である。

当時の日本は、蘇我氏、物部氏(もののべし)らの豪族が群雄割拠していた。
天智天皇は、豪族の代表である曽我氏を滅ぼすことにより、
天皇中心の体制への移行をすすめたのである。
天智天皇の遺志は、天武天皇、持統天皇に引き継がれ、
この時期に、日本は中央集権国家としての基礎を固めた。
もし、この時代に国家としての基礎が固まっていなかったら、
いまごろ日本は、中国の一部になっていたに違いない。

ちなみに、あの暗殺事件、私らの世代は「大化の改新」と習ったが、
現在の教科書では、「乙巳の変(いっしのへん)」となっているらしい。

まあ、どっちでもいいけど...。

その後、天武天皇は、天智天皇の息子の大友皇子(おおとものみこ)
と皇位をめぐり、争うことになる。(壬申(じんしん)の乱)
持統天皇にとっては、夫と腹違いの弟が争うことになり、
葛藤があっただろう。
そのあたりは、里中満智子氏の「天上の虹」にくわしい。
ちなみに、私は天上の虹で、日本の古代史をマスターした。

banner1.gif


天上の虹ファンである私にとっては、天武・持統天皇陵に行くのは、
かねてからの望みであった。それが、54才のいまになって、
ようやく、実現したというわけ。

陵そのものは、単に土が盛り上がって林になっただけであり、
どうってことはない。訪れていた人も、
「え? これだけなの?」
みたいな感じであった。
まあ、興味がない人にとっては、そんなもんであろう。
ここは、日本の古代史に興味がある人にとっての特別な場所。
そういうところである。



ということで、今回の記事のまとめであるが、
天武・持統天皇陵は、一般の方にとっては、土が盛り上がっただけの、
どうってことないところであるが、日本の古代史に興味がある人に
とっては、ひとつの聖地である。


天武・持統天皇陵をみたあと、私は高松塚古墳、石舞台古墳などを見て、
国立飛鳥資料館を見学した。ひととおり、飛鳥めぐりをしたわけである。
天の香具山を見上げると、新緑がきれいだった。

春すぎて 夏来にけらし 白妙の 
衣ほすてふ 天の香具山
 (持統天皇)



asuka.jpg
国立飛鳥資料館にて



共通テーマ:旅行