So-net無料ブログ作成

自転車で渋川から日本海まで走った [日本海岸自転車の旅]

新しく組んだ自転車で、渋川 (しぶかわ) から日本海まで走った。
これから、日本海岸自転車の旅をスタートさせようと思う。


sea_of_J.jpg
いずもざき海遊広場にて   2011 July 9th 1:20P.M.


昨年の12月18日に、立川から佐多岬 (さたみさき) までの1780km
を走りきって以来、私は自転車で走っていない。
目標がなくなってしまったのである。

なんだってそうだけど、目標にむかって努力しているあいだ
というのは、充実しているものである。
自転車の旅は、クルマやオートバイと違って、ふだんから
トレーニングをしていないと走れない。
だから、この2~3年、私はわりと節制した生活を送ってきた。

最近の私は、トレーニングをほとんどしなくなった。
体重も増えてきたし、体力も目に見えて落ちてきた。
こんなことではいけない、と思って、私は次の目標を設定することにした。

太平洋のつぎは、当然、日本海である。
それは、誰がどう考えても、そうであろう。
ということで、こんどは日本海岸沿いに北上することにしようと思う。

で、日本海岸を北上するためには、まずは、日本海に出ないと話にならない。
そのためには、国道17号線の三国峠 (みくにとうげ 標高1084メートル)を
越えなければいけない。


sea_of_Jmap.gif
今回走ったコース


2011年7月9日土曜日午前9時、私は上越線の渋川駅にいた。
渋川までは、利根川自転車道を走ったことがある。
ということで、今回は渋川から走り出すことにしたのである。
駅で自転車を組み立て、走りはじめる。

国道17号線を北上したのだが、途中、岩本駅の手前で、
短いトンネルが続く、危険なところがあった。
短いトンネルだから、みんなヘッドライトを点けない。
ヘッドライトを点けないと、自転車につけた反射材が光らない。
赤いピカピカを点けていても、あれって案外、目立たないんだよね。
交通量も多く、命がけだった。
ということで、この区間、読者の方々は、できれば走らない方がいいだろう。
沼田のミニストップで、ガリガリ君を食べて、ひとやすみした。

いよいよ、三国峠越えである。
標高1084メートルの三国トンネルまで、ひたすら登る。
案外、楽勝だった。
箱根を越えたときの方が、はるかに厳しかったな。
やはり、自転車の重量が約9kgしかないというのは、登りでは効果が大きい。
55才の私でも、前のチェーンリング32T、うしろは21Tか24Tで十分登れた。
新しいフレームに、約2万7000円、投資してよかった。

途中、激しい雷雨におそわれ、1時間ほど、木陰で雨宿りを余儀なくされた。
雨だけなら、レインウェアを着れば、なんとかなるんだけど、
雷は怖い。
近くの山に、ビシバシと落ちていたもんなあ。
雷は高い木に落ちたあと、電気をよく通すものに移動する性質があるから、
アルミ+カーボンの自転車なんか、いい標的である。
しばらくのあいだ、自転車から離れて、やりすごした。


雨が上がったので、ふたたび、登りはじめる。
サミットの三国トンネルは、いろんな方がBlogやホームページに書かれて
おられるように、道幅が非常にせまいうえ、路面も荒れている。
できれば、自転車で走りたくないトンネルのなかでも、上位に入るだろう。
ここも、読者の方々には、あまりおすすめできないところである。
私はクルマの流れが途切れるのを待って、一気に走り抜けた。
三国トンネルを抜けてからは、微妙な登りが3カ所。あとは豪快に下る。
この日は、越後湯沢に泊まった。

mikuni.jpg
三国峠にて、バテるtak


2日めは、越後湯沢を朝6時に出て、出雲崎 (いずもざき)にむかった。
荒海や 佐渡に横たふ 天河 (あまのがわ) の出雲崎である。
なぜ、出雲崎なのかというと、いちばん、日本海らしいところだから。
北国街道と三国街道の合流点であり、
昔から、多くの旅人たちで賑わったところである。
ということで、午後1時、出雲崎に到着。
無事に日本海に到達できた。
やっと、日本海岸自転車の旅の出発点に立つことができたね。



ということで、今回の記事のまとめであるが、
自転車で渋川から日本海まで走った。
ここから、日本海岸自転車の旅をスタートさせようと思う。

よく考えたら、なにも日本海まで自転車で
走っていくことはなかったね。(笑)

あぶない思いをして、わざわざ三国峠を越えなくても、
ふつうに新幹線で新潟まで行って、そこから始めればよかった。
はっきりいって、バカだよね。
もう、走ってしまったから、しょうがないけどさ。

これからさきのことは、まだ、考える時期ではない。
人生、本当になにがあるか、わからないから。
最近、つくづく、そう思う。
けれども、健康にめぐまれ、ずっと旅を続けることができたなら、
最終的には、宗谷岬 (そうやみさき) をめざそうと思っている。



共通テーマ:旅行