So-net無料ブログ作成

汎用ビキニカウル(2600円)を改造した [オートバイの話]

汎用ビキニカウル (2600円)を、ちょっとだけ、改造した。


isome.jpg
若干の改造を行った汎用ビキニカウル


先日、ビキニカウルを付けて走っていたら、ヤマハのマジェスティ
に乗っている年配の男性から、声をかけられた。

マジェスティ氏 「ほう、CBにビキニカウルですか。」
私        「はい。寒いもんで。(笑)」
マジェスティ氏 「スクリーンの上のほうが反っている
         ほうが、効果、ありますよ。」
私        「へえ、ほんとですか。」
マジェスティ氏 「はい、全然ちがいます。これだと、
         縮み上がってしまいますからな。」
私        「なにがですか?」
マジェスティ氏 「ははは。」
私        「ははは。」


かわいそうに。よっぽど、寒い思いをしたことが、あるんだろうな。
それはともかく、年長者からのアドバイスには、耳をかたむける価値がある。
そこで、スクリーンを、上の方が反っている、スポイラー形状のものに
変更することにした。
といっても、新品のスクリーンを買うと、1万円以上もしてしまうし、
自作しようにも、塩ビやアクリル板を、3次元形状に曲げるのは、至難のワザ。
いかに、DIY歴40年以上の私でも、それはムリである。
そこで、ヤフーオークションで、スクリーンの中古品を手に入れることにした。


自動車、オートバイ > オートバイ > パーツ > カウル、フェンダー
>スクリーン
  とすすんで、上部がスポイラー形状になった
スクーター用の大型スクリーンを見つけた。
少々、端の方に割れがあるということで、即決価格 500円
最近のオークションは、即決価格というのがあって、
いちいち、時間切れになるのを待たなくてもいいから、便利だね。
どうせ、割れた部分は切ってしまうので、即決で入札した。


で、手に入れたスクリーンを、ハンダごての先端をナイフ状に
削ったもので切っていく。切り取ったあとは、サンダーで形を整えて、
ボルト用の穴をあける。ボルトは、私の趣味で、ステンレスの
キャップボルトに変更した。

また、スクリーンの面積が増して、空気抵抗が大きくなったため、
補強が必要と判断。下の写真のような金具を自作した。
DIY店で金具を買ってきて、手で曲げてつくった。
曲げた部分には、ハンダを盛って、補強してある。
ということで、完成したのが、以下である。


front.jpg
正面

side.jpg
側面

isome2.jpg
ナナメ前から

seat.jpg
運転席から


blacket1.jpg
カウル上部補強用金具

blacket2.jpg
カウル前部補強用金具


スポイラー形状のスクリーンの効果であるが、からだにあたる風が、
たしかに軽減された。
どうやら、これからは、縮み上がらずにすみそうである。(笑)



ということで、今回の記事のまとめであるが、
2600円の汎用ビキニカウルを、少しだけ改造した。
スクーター用のスポイラー形状になったスクリーンを付けたら、
防風に効果があった。以上である。


ところで、前回の記事 を読んでくださった友人の micyuさん と、
3人の読者の方々から、
「あれ? オートバイは、からだに風を受けながら
走るんじゃなかったんですか?」
と言われてしまった。

すみません。もう、かんべん
してください。

m(_ _)m



少々、事情を説明させていただくと、私は若い頃、
オートバイというものは、風をからだに受けて走るもんだ、
という美学を持っていた。そのため、
「風を受けないで走るオートバイなんて、オートバイとはいえないさ。」
などと、周囲の友人たちに対して、吹きまくったのである。

参考: ホームページ 「オートバイで国道を旅する」
ネイキッド車の乗り方


今回、さすがにもう、みんな忘れただろうと思って、
ビキニカウルを付けてみたのだけど、
micyuさんと読者様は、しっかり覚えていたのであった。

お願いです。忘れてください。
もう、許してください。(泣)



共通テーマ:バイク