So-net無料ブログ作成
検索選択

ツェルトを持っているのだが [ムダ知識]

ツェルトを持っている。が、使ったことがない。


ツェルトとは、登山用の小型軽量テントのことである。
天候悪化などにより、山小屋にたどり着けない場合など、
非常時の幕営に使う。

いったい、なんでそんなもん、持っているのか。

ハナシは、約7年前にさかのぼる。
2007年の夏、私は北岳に登った。
標高3193メートルの、日本で2番めに高い山である。

北岳に登ってきた

それまで、山なんか登ったことがない私が、なんで
そんな山に登ったのかというと、まあ、いろいろとあったのだが、
とにかく北岳に登るにあたって、装備を揃えた。
また、そのとき、大学時代からの付き合いである、
山に詳しい友人に相談した。

たくさん買い揃えた私の装備を見て、友人は、
「ツェルトがないぞ。」
とか言う。私が
「いや、山小屋に泊まるから。」
と言うと、ばかやろう、と言われた。

それまで、私はツェルトというと、「ポールのない簡単なテント」
だとばかり思っていたのだが、どうやら違うらしい。
実際には、不意の天候悪化や視界悪化などにより
動けなくなってしまったとき、体温の低下を防ぐため、
頭からかぶって使うものだという。
要するに、“死なないための装備”であり、
山に行くためには必須のものだ、というのだ。
そんなこと、私は初めて知った。

山に登るのは初めて。しかも単独行。
登ろうとしている山は、3000メートル級。
山頂付近の気温は平地よりも18℃も低く、
7月とはいえ、5℃以下になることもある。
でありながら、ツェルトなど、山道具に関する知識はほとんどなし。
その友人には、「山、なめてんのか。」と言われてしまった。
私は少し反省し、帰りに御茶ノ水のスポーツ用品店に寄って
ツェルトを買って帰ったのであった。

が、結局、その北岳行きでは、ツェルトを持って行かなかった。
(^^;

経験のなさを装備でカバーする、という考え方には
賛成なのだが、ツェルトは、やはりそれなりにかさばるし、
荷物はできるだけ減らしたかった。
北岳には、ほぼ2kmごとに山小屋があるし、
夏季の登山であれば、GPSなど、道に迷わないための
装備さえ持っていけば、まず大丈夫だろう、と思ったのだ。
それでも最悪の場合に備えて、銀色のフィルムでできた
サバイバルシートだけは持って行ったけど。
結果は、とくに道に迷うこともなく、無事に登ってきた。

北岳行きで使わなかったツェルトは、その後、
ずっと、私の部屋の押入れで眠ったままであった。
が、数年前から自転車でツーリングをする機会が
多くなり、持って行くことが増えている。
考え方としては、やはり非常用であり、
ツーリング中、出血をともなうケガを負うなどの
状況で動けなくなってしまったとき、
救急車の到着を待つまでのあいだ、
体温の低下を防ぐ、という目的である。
もちろん、使ったことはない。


ということで、ツェルトを持ってはいるのだが、
7年前に買って以来、ずっと未使用のまま、という
私にとっては、限りなく不要に近い装備である。
オークションに出して売っぱらってしまおうか、と考えた
こともあるのだが、まあ、いつの日か、どうしようもない
状況に追い込まれたとき、
「持っていてよかったああああ! \(ToT)/。」
と叫ぶこともあるかもしれないから、いちおう手元に
置いておこうと思っている。



ということで、今回の記事のまとめであるが、
ツェルトは、日帰りとか山小屋泊まりで山に行く人、
あるいは、一般の自転車ツアラーにとっても、
まず使うことはない装備である。が、持っておくと、
死なずにすむかもしれない。それだけ。

※ブルベなどに参加するロードスポーツ乗りは
 持っておいた方がいいかもしれない。



先日、東京では大雪になった。
ふだんは、奥多摩や丹沢などで遭難することなんか、
まず、ありえないのだが、あの日、山に入っていた人は
かなり、ヤバかったかもしれない。
ツェルトを持っているかどうかにより、
安心感はかなり変わっただろう。
そういった意味では、ツェルトは万一の場合の保険、
あるいは行動の自由度をひろげるための装備であり、
通常は使うものではないのかもしれないな。


P.S.
先日のJRバス白棚線の記事を読んでくださった方より、
「結局、どのようなルートを行けば、ゴールできたのか?」
という質問をいただいた。
いくつか可能性のある選択肢はあるのだが、
2日めの水戸駅におけるバスの運転手さんによると、
14:39発の常陸太田行きのバスに乗れば、その日のうちに
常陸大子まで行けたことは、ほぼ確実だったから、
とりあえずそれに乗ったとすると、3日めは以下のコースになる。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第16弾 (館山~会津若松)
正解ルートの例


常陸大子駅 7:55→下野宮バス停 8:07 (茨城交通)
(徒歩3.5km)
高地原入口バス停 8:59→東館 9:20 (福島交通)
東館 9:32→棚倉駅 10:15 (福島交通)
棚倉駅 10:55→白河駅 11:48 (JRバス白棚線)
白河駅 12:45→石川駅 13:28 (福島交通)
石川駅 15:15→須賀川駅 16:14 (福島交通)
須賀川駅 16:40→郡山駅 17:16 (福島交通)




4日目は、郡山駅から磐梯熱海駅経由で会津若松に
楽勝で行くことができるね。
ま、放映を見る限りにおいては、水戸のバス案内所
における案内担当者の対応が悪すぎた。
私のようなど素人でも、ちょっと調べればすぐにわかる
上記の乗り換えを、ろくに調べもしないで、
「行けない。」とか、「その先はわからない。」とか言ってたから。
太川さんたちにとっては、ちょっと気の毒であったと思う。



共通テーマ:旅行