So-net無料ブログ作成
検索選択

十和田湖国立公園協会のパンフがおもしろい件 [旅情報]

十和田湖国立公園協会発行の「乙女の像s解散の危機!?」
というパンフレットがおもしろいのだが。

みなさん、連休はいかがでしたか?
私は秋田から龍飛崎をまわり、蟹田まで自転車で走ったね。
2日半で、約300kmの旅であった。

その話は、また今度にして、今回は秋田県の道の駅
で見つけたパンフレットの話。
社団法人十和田湖国立公園協会という団体がある。
設立の目的は、「十和田八幡平国立公園のうち
十和田湖地区のすぐれた景観を保護するとともに、
その利用の増進を図り、もって十和田地区の健全な
発展に寄与することを目的とします。」
とある。

まあ、よくある公益法人だね。

ふつう、こういう団体は、観光案内所などの運営のほか、
ありきたりのパンフレットを発行するくらいしか、
仕事をしない。そのパンフレットは、専門の制作業者がいて、
一定のフォーマットにのっとってつくられる。
だから、ありきたりになるのである。
私はかつて広告代理店で働いていたことがあり、
そういう仕事をイヤというほどやってきたから。


で、今回みつけた「乙女の像s解散の危機!?」であるが、
公益法人というおかたい団体が制作したわりには、
驚くほど大胆な作品である。

otome1.jpg

otome2.jpg
乙女の像s解散の危機!? より引用


パンフレットは全8ページであり、そのうち、7ページが
漫画作品となっている。
その内容は、十和田湖畔に立つ乙女の像のふたりが
十和田湖のよさをプレゼンする、というもの。
漫画の作者は能町みね子氏という。
私は知らなかったのだが、漫画家、イラストレータ、
エッセイストなど、マルチな活動をされておられる方
のようだ。

絵はいわゆるヘタウマであり、ストーリーは不条理系。
こういった団体むけ作品としては、かなりユニークであり、
よく、これが通ったものだな、と思う。

青森県、秋田県内のほとんどの道の駅に配布されている
ようだから、機会があれば、ぜひともご一読をおすすめする。


共通テーマ:旅行