So-net無料ブログ作成
検索選択

CB750にC-561Mというオイルフィルタ [オートバイの話]

私のCB750の写真を見た読者様から、
「オイルフィルタが純正品ではないですね。
なぜですか。」
というご質問をいただいたのだが。


cb750オイルフィルタ.jpg



理由、安いから。
(^^;


CB750の純正オイルフィルタは、15410-MFJ-D01という
部品番号で、価格は1,400円くらいである。

まあ、1,400円くらいなら、
べつに出せないことはないんだけど。


オートバイのオイルフィルタに1400円を出したせいで、
家族を食べさせていけなくなる、ということはないんだけど、
たかがオイルフィルタのために、
ホンダ店まで行くのが面倒なのである。
いまどきのオートバイ販売店では、部品の流通在庫を
減らすため、ネジ1本たりとも在庫を置かないから、
部品を注文するときと、部品センターから部品が来て、
取りに行くときの2回、販売店まで足を運ばなければいけない。

オイルフィルタを買うため、
2回もお店に行く気にはなれないっす。

そこで、代替品をさがすことにした。
新車のときに付いていたオイルフィルタのサイズを測ってみると、
直径は65ミリ、高さは63ミリ。
ネジ込み部分はM20の1.5ミリピッチ

である。

これと同じようなサイズのオイルフィルタであれば、
たいがい使えるから。
ということで、私のホームグラウンドである、
カインズホームさんに行った。
そこで、ユニオン産業のC-561Mという
品番のものをみつけた。
サイズは直径65ミリ、高さ65ミリで、純正品とほぼ同じ。
ホンダのライフ、フィットなどに使うもので、汎用性の高い
製品らしく、常に在庫が置いてある。
価格は500円くらい。

安いね。

以来、私はCB750に約10年、5万キロ乗り続けて、
累計10コ以上、このC-561Mというオイルフィルタを
付けているけれど、とくに問題は起きていないから。



ということで、今回の記事のまとめであるが、
CB750には、ホームセンターなどで売っている
C-561Mというオイルフィルタが使える。


恐縮だけど、いちおう、決まり文句だから。
この記事を読んで、あなたがこの安価なオイルフィルタを
装着したことにより、オートバイが故障したり、
あるいは、あなたがケガをしても、
takは責任を負いません。


ま、もちろん純正品を使うにこしたことはないのは、
言うまでもないけどね。
私のブログで、とりわけ整備関係の記事を読んでくださった
読者の方からは、
「たかが部品代、オイル代、整備代をケチって、
高価なバイクをダメにする
バカですか。(笑)」
みたいな感想をよくいただく。

けど、べつにダメにしていないから。
前述のように、CB750には約10年間、5万キロ乗っているが、
故障したことは、一度もないから。

簡単な整備でもプロに任せて、純正部品を使い続け、
1リットル3000円以上もするバカ高いエンジンオイルを入れていても、
事故ったり、転倒したりして、オートバイをダメにする人よりは、
はるかにマシなのではないかと思うが。

私の場合、旅をするための道具としてオートバイを
使っているだけであり、そもそも、オートバイを愛するという
気持ちそのものがないのである。
要するに走ればいいのであって、消耗品、交換部品に
お金をかけようなんて思ったことは、一度もないから。
べつに、粗悪な部品やオイルなどを使おうとは思わないけれど、
そこそこの品質のものであれば、十分ではないかと思うのだが。



共通テーマ:バイク