So-net無料ブログ作成

飛鳥寺(あすかでら)に行ってみた(前編) [旅情報]

奈良県明日香村(あすかむら)にある飛鳥寺に行ってみた。


asuka.jpg
飛鳥寺にある釈迦如来像(国宝)

クルマのタイヤを交換したので、ちょいと奈良県まで
走ってみることにした。そして、明日香村にある
飛鳥寺に行ってみた。


飛鳥寺は日本最古の本格的寺院である。
6世紀の終わりごろ、蘇我馬子(そがのうまこ)により
建立された。本尊である飛鳥大仏(釈迦如来像)は、
推古(すいこ)天皇の命により、つくられたものである。
作者は鞍作止利(くらつくりのとり)。
飛鳥時代を代表する仏師である。


この時代の歴史のことは、わかっているようで、
じつは、よくわかっていない。
が、はっきりしていることは、当時の朝鮮半島では
高句麗(こうくり)、百済(くだら)、新羅(しらぎ)
の三国が存在し、日本(倭国)は、百済と友好的な関係
にあった。その百済から、日本に仏教が伝来したのは、
6世紀の後半であるとみられる。

「日本書紀」によると、552年に百済の聖明王(せいめいおう)
が使者を使わし、仏像や経典とともに仏教流通の
功徳を賞賛した上表文を献上したと記されている。
これはおそらく史実であるが、それまでに日本に来た
渡来人たちのなかにも、仏教徒はいただろう。
そういった意味では、日本が公式に仏教を認めたのが
6世紀末ということであろう。

当時、中国では戦乱の時代が300年あまり続いていたが、
581年に隋(ずい)によって統一された。
隋の軍事力は強大であり、当時の日本にとっては脅威であった。
そこで蘇我馬子は、日本に仏教と律令制を導入し、
「豪族たちの集合国家」から「天皇中心の中央集権国家」
へと改革をすすめた。そのため、592年に推古天皇
(注:最初の女性天皇である)を即位させ、摂政(せっしょう)
として、聖徳太子が選ばれ、十七条の憲法、冠位十二階などの
制度をつくった、とされている。

ここまでは、中学校のときの歴史の教科書
そのまんま
であり、だいたい合っていると思われる。

けれども、ここからは、わからないことが多い。
例えば遣隋使であるが、それほど恐れていた隋に、
日本はなぜ、国費留学生を派遣したのだろうか。
蘇我馬子は仏教の伝来に、なぜ、それほどこだわった
のだろうか。そのため、蘇我氏は仏教の導入に反対する豪族
物部氏(もののべし)を滅ぼしているのである。
また、当時の日本は神道、もしくは原始的な太陽神信仰で
あったが、人々は仏教をなぜ簡単に受け入れたのだろうか。

まあ、私自身、それほど歴史に詳しいわけではなく、
手塚治虫の「火の鳥 -太陽編-」
を読んで、疑問に思っただけなんだけどね。www

ちなみに、「火の鳥」では仏教に対する不信感がみられる。
手塚治虫の思想なのかもしれないけれど、結構、過激な
表現が平気で描かれているね。
ま、とにかく、いろいろな疑問があったので、
それを解決すべく、私は明日香村までクルマを飛ばした
のであった。

え? ガソリン代と高速代が大変
だって?


そのために、タイヤを自分で交換して、約4万円の旅費
をつくりだしたのである。www
(後編につづく)


共通テーマ:旅行