So-net無料ブログ作成

遠軽~釧路 自転車ツーリング その1 [日本外周自転車の旅]

遠軽(えんがる)から釧路まで自転車で走った。


hokkai.gif
今回走ったコース

1日め 遠軽~能取(のとろ) 104km
2日め 能取~ウトロ 101km
3日め ウトロ~羅臼(らうす) 30km
4日め 羅臼~根室 142km
5日め 根室~霧多布(きりたっぷ) 116km
6日め 霧多布滞在 10km
7日め 霧多布~釧路 88km
  合計 591km


●走行データ
  使用した自転車   ロードスポーツ改造車
  チェーンリング    44T-32-22T (3段)
  カセットスプロケット  11-34T (8段)



遠軽まで

2016年6月8日午前9時、私は茨城空港にいた。
今日は、ここから新千歳空港に飛び、
さらには遠軽まで、鉄道で輪行しようと思う。

茨城空港は、常磐線の石岡駅の近くにある。
自衛隊の百里基地の民間共用化により、
2010年より、スカイマーク航空、春秋航空などが
運行している。
東京から、やや離れたところにあるが、
距離的には、成田空港と大差はない。
今回、茨城空港発のスカイマーク航空便を選んだのは、
茨城空港は駐車場が無料であるからであった。

午前10時15分、搭乗開始。
スカイマーク航空では、窓側の席、真ん中の席、
通路側の席の順で搭乗するよう案内される。
しかしながら、団体のおじさんたちは、そんなもん、
無視して、どんどん乗ってしまう。
結局、通路側の席を予約した私が乗るころには、
すでに、ほとんどの席はうまっているうえ、
頭上の棚に荷物を置くスペースはなかった。
まあ、200席の737だから、なんとかなったけれど、
777のような大型機だと、大混乱になっただろうな。

sky.jpg
茨城空港にて


午前10時40分、ほぼ満席の乗客をのせた737は離陸し、
11時55分、ほぼ定刻に新千歳空港に着陸した。
バゲッジクレームで自転車が出てくるのを待つ。
12時15分発の快速エアポートに乗れば、
札幌駅を13時ちょうどに出る特急カムイに乗れるのだが、
まあ、これは無理だろうなと思っていた。
結局、私の自転車が出てきたのは、12時15分ごろ
であった。

12時25分発の快速エアポートで札幌にむかう。
次の特急オホーツクは15時08分発で、約2時間の
待ち時間がある。どこかでラーメンでも食べたかったけれど
自転車を持っているから、動きづらい。
めんどうくさいので、札幌駅の6番線で約2時間をすごした。

14時50分ごろ、網走行きの特急オホーツク5号が
入線してきた。昔なつかしい、キハ183系であった。
首都圏では、国鉄時代につくられた車両をみる
ことは、もはや、まれであるが、ここ北海道では、
特急列車にも堂々と使われている。
自由席のシートは、かなりくたびれていた。

こういうとき、純粋な鉄道ファンであれば、
引退まぢかの車両に乗れてよかったな、と思う
のかもしれない。私はというと、
「せっかく高い特急券を買ったのに、こんなボロい
車両にのせるなんて...」
と思ってしまう方である。
15時08分、なつかしいディーゼルエンジンの音を
ひびかせて、オホーツクは発車した。


183.jpg
JR札幌駅に入線するキハ183系 特急「オホーツク」


札幌から遠軽までは、約260キロある。
キハ183系は、ボロ車両にしては意外なほどの
高速で進んでいくが、それでも3時間30分ほどかかる。
上川をすぎると、つい、私は、つい、うとうとしてしまった。
すると、ガツンという音がして、急停車した。
すぐにアナウンスがあり、
「ただいま線路内に入っていたシカと接触しました。
おそれいりますが、異常がないか確認が終了するまで、
しばらくお待ち下さい。」
というアナウンスがながれた。

私が石北本線に乗ると、なにかが起こる。
前回は落ち葉で車輪がすべって、上り勾配を
登れなかったのだが。
結局、オホーツクは約20分遅れで遠軽駅に着いた。
私のせいで列車が遅れたようで、なんだか申し訳なかった。
自転車を組み立て、明日からのツーリングに備える。

engaru.jpg
JR遠軽駅にて

そうそう。なぜ、遠軽なのかを説明するのを忘れていた。
私の場合、ゴールした地点から、次の旅を始める
という自分ルールを決めているのだが、
前回(2012年10月13日から19日まで、札幌~遠軽590km)
のゴールが遠軽だったからである。
今回は、遠軽から始めて、釧路まで走るつもりなのである。


共通テーマ:旅行