So-net無料ブログ作成
検索選択

流氷をみてきた 3 [旅情報]

北海道に行って、流氷をみてきた。そのつづき。

driftice8.jpg
知床プユニ岬からみた流氷と日没

<撮影データ>
 撮影日時:2017年2月7日 午後4時33分
 撮影機材:オリンパス E-510
      ZUIKO DIGITAL ED14-42mm
 露出時間:1/8秒 絞り:F5.6
 ISO感度:100
 ホワイトバランス 自動
 PLフィルタ使用



2017年2月7日の早朝、私は知床のウトロにいた。
海岸に出てみる。
湾内は、白い流氷で埋まっている。
だが、200メートルほど先は、ふつうの海である。
スマホで調べてみると、流氷帯が3kmほどのところまで
来ており、風向きからみて、今日の夕方にも、
再接岸するのではないかと予想される。
流氷帯が再接岸すれば、水平線まで埋まった流氷原が
みられるはずだ。けれども、確実とはいえない。

ま、しょうがない。
なんたって、相手は流氷なのだから。
文句の言いようもない。
私は、待つことにした。

待っているあいだ、ヒマだったので、海岸に付いている
流氷の写真を撮った。

drift9.jpg
drift10.jpg
drift12.jpg
drift8.jpg
drift11.jpg



午後3時すぎ、沖にあった流氷帯が海岸に接近してきた。
いそいでプユニ岬に戻ると、すぐそこに流氷帯が来ている。
もうすぐ、陽がしずむ。
三脚を立て、撮影の準備を開始。
あいにく雲が多く、きれいな夕焼けにはならなかった。
けれども、雲の切れ間から太陽が出たとき、
私は一瞬、流氷原が赤く輝くのをみた。

puyuni2.jpg
(つづく)


共通テーマ:旅行