So-net無料ブログ作成
検索選択

釧路~長万部自転車ツーリング その2 [日本外周自転車の旅]

釧路から長万部まで、自転車で走った。そのつづき。


1日め  釧路~豊頃(とよころ)町  約89km
day1.gif
1日めの走行コース


2017年6月23日午前9時、釧路のゲストハウスを出た。
しばらくは、国道38号線を走る。
大楽毛(おたのしけ)をすぎると、1車線に減少。
北海道の国道は、除雪の関係で路肩が広いので走りやすい。
道の駅しらぬか恋問(こいとい)で、1回めの休憩をした。

koitoi.jpg
道の駅しらぬか恋問にて


昨夜は、ゲストハウスで同室になった関西からの自転車乗りと
フランスから来た若者と、夜遅くまで話をしてしまった。
おかげで、午前5時ごろから走るつもりだったのに、
出発が9時になってしまった。

私は若い人と話すのが好きである。だから、夜遅くなって
寝坊してしまったことについては、まあいい。
私にとっては楽しい時間だったし。
また、私の旅は、誰とどこで約束しているわけでもないのだから。
けれども、フランスから来た若者は議論が大好きだったので、
ちょっと、閉口してしまった。

しかも、激してくると、日本人として、少々、かちんとくる
ことでも、平気で言う。日本と近隣国との歴史問題について、
「日本は周辺国に対する植民地支配について、謝罪すべきだ。
そして、良好な関係を構築しなければいけない。」
などと言われてしまった。

私としては、フランス人にそんなこと言われたくないよ、
と思うのだけど、それを言ってしまうと、せっかく日本に
来てくれたのに、悪い感情を持たれてしまうかもしれない。
だから、「そうかもしれませんね。」などと言って、
にこにこ笑っているしかない。
ということで、若干、ストレスがたまってしまった。
白糠(しらぬか)をすぎると、道は若干のアップダウンが
はじまった。

06r36.jpg
白糠~音別間の国道38号線


音別(おんべつ)を通過する。このあたりには大きな町は
ないと思っていたのだが、意外と大きな町であったので、
驚いた。セイコーマート音別店で、水と若干の食料を購入。

直別(ちょくべつ)駅をすぎたところに、ちいさなドライブイン
があり、ライダーハウスと書いてあった。営業しているのか
どうかは、よくわからなかった。
国道38号からわかれ、北海道道1038号線に入る。
道に入ったところで、タンチョウの親子を見た。
それほどめずらしくもないけれど、いちおう、写真を撮る。
丘をこえると、海岸に出た。すこし波が高い。
しばらく、根室本線と並行して走る。
午後4時、厚内(あつない)駅通過。

05tancho.jpg
タンチョウ

07hama1.jpg
直別~厚内の海岸線


さらに、海岸沿いに走り、厚内トンネルという短いトンネル
をぬけると、山のなかに入っていく。2012年に開通した
国道336号線の支線(浦幌道路=うらほろどうろ)にはいる。
十勝川を十勝河口橋で渡って、北海道道911号線に。
大津の集落にはいった。

tokachiBr.jpg
十勝河口橋にて


今回の私の旅の目的のひとつは、この大津がどんなところ
なのか、実際に見ることであった。読者の方々にとっては、
さすがに、ここまでバカだと、読む気にもなれないかも
しれないけれど。

大津は十勝川の河口にある集落であり、十勝発祥の地と
いわれるほど、歴史のふるいところである。
地図をみるのが趣味である私は、小学生の頃から、
この大津の集落を知っていた。その理由であるが、
十勝川には、河口から20キロほど上流まで、
まったく橋がなかったからである。このあたりの人たちは
どのようにして、暮らしているのだろうか、と
当時の私は思っていた。

で、実際に大津の人々はどうしていたのかというと、
渡船で対岸に渡るのであった。私の持っていた地図には、
十勝川をわたる、いくつかの渡船が描かれていた。
有名であったのは、旅来(たびこらい)の渡船で、
国道336号線の一部となっていた。渡船でむすばれた国道は、
全国でもここだけであった。旅来渡船は、さきほど渡った
十勝河口橋が完成する1992年まで、存続している。

私が印象に残っていたのは、この大津の集落から対岸に
渡る渡船であった。対岸は湿原であり、なにもなかった。
「いったい、どんな人が、この渡船を利用しているのだろう。」
と、当時、小学生だった私は、一生懸命考えたのだが、
まるで想像できなかった。

その渡船は、当然のことながら、現在はない。
1973年の地形図には掲載されているものの、
1985年の地形図には掲載されていない。
だから廃止されたのは、その間である。

otsu1.jpg
大津集落と対岸をむすぶ渡船 1973年地形図


その渡船があった乗り場の地点に行ってみる。
なにも残っていなかった。
うーむ、土手を登る階段くらい、残っているかな、
と思っていたのだが。

気を取り直して、集落のなかを走ってみる。
「十勝発祥の地」という碑があった。
ジュエリーアイス海岸という案内看板がある。
冬になると、十勝川を流れてきた氷が海岸に打ち上げられ
宝石のように輝く、という。いつか見てみたいな、と思う。

なんだか、さえなかったけど、50年間、見てみたかった
大津の集落を見ることができたので、私は満足した。
この日は長節湖(ちょうぶしこ)のキャンプ場に泊まった。

chobushi.jpg
長節湖キャンプ場にて


共通テーマ:旅行