So-net無料ブログ作成
検索選択

釧路~長万部自転車ツーリング その3 [日本外周自転車の旅]

釧路から長万部まで、自転車で走った。そのつづき。


2日め  豊頃(とよころ)町~えりも町百人浜
    約101km

day2.gif


2017年6月24日土曜日午前4時。私は長節(ちょうぶし)湖
キャンプ場にいた。

テントで寝ていると、クルマが来て、ドアを開閉する音が
バタン、バタンと響いた。そして、2~3人の人の声が。
こんなに早くから活動する人たちというと、おそらく、
釣り人であろう。めんどうくさいから確認しなかったけど。
朝5時ごろ起きたときに見ると、やはり釣り人で、
なにやら、長い竿で湖にむかって、ルアーを投げていた。

長節湖は、冬になるとワカサギ釣りで有名だけど、
いまはシーズンではない。シーバスのような汽水域に
棲む魚でも、ねらっているのだろうか。

午前6時ごろ、出発した。国道336号線をすすむ。
コンビニどころか、なにも店がない。ときどき、牧場がある
だけである。

晩成温泉(ばんせいおんせん)という案内標識があった。
海を見ながら温泉にはいることができ、しかもキャンプが
できるという、言うことなしの環境である。
じつは、私の計画では、昨夜は晩成温泉に泊まる予定であった。
けれども、釧路のゲストハウスでフランス人と話し込み、
寝坊してしまって、着くことができなかったのであった。

大樹町(たいきちょう)にはいる。
道端にスペースシャトルの模型があり、大樹町宇宙交流センター
「SORA」と書いてある。

そうだった。
忘れていたけれど、大樹町にはロケットの打ち上げ施設があり、
民間による低価格の衛星打ち上げをめざす、インターステラ
テクノロジズ社が設立されているのである。この会社は、
ホリエモンこと、堀江貴文氏が関係している。

sora.jpg
大樹町宇宙交流センター「SORA」の案内


そういえば、もうすぐ、液体燃料のロケットの打ち上げが
行われるはずである。けれども、とくに盛り上がっている
感じではない。打ち上げに成功するとは、だれも思っていない
ようであり、町は静かであった。

午後1時、広尾町につく。広尾駅に行ってみた。
六本木のつぎの駅ではない。かつての国鉄広尾線の終着駅である。
私にとっては、35年ぶりの再訪であった。
旧駅舎は、現在はバスターミナルとして使われている。
なかに入ると、改札口の周辺などは、ほぼ昔のままであった。

hiroo.jpg
旧広尾駅の駅舎

ふたたび、国道336号線を走る。ここからは、えりも岬黄金道路
といわれる区間であり、日高山脈が海に落ち込む断崖絶壁に
そって走る。
フンベの滝というのがあった。何人かのオートバイ乗りが
写真を撮っている。が、20メートルくらいの細い流れであり、
滝というほどのものではない。こんなもん、パスである。
トンネルとスノーシェードが連続する。約20kmほど走ると、
いよいよ今回の旅のハイライト、「えりも黄金トンネル」に着く。

08ougon.jpg
えりも黄金トンネルにて

えりも黄金トンネルは、北海道最長のトンネルであり、
全長は4,941メートルにおよぶ。自転車が通ることができる
一般国道で、これよりも長いトンネルとしては、国道194号
の寒風山トンネル(5,432メートル)があるのみである。

はっきり言って、これほど長いトンネルを自転車で通るのは
命がけである。今回、私は、えりも黄金トンネル対策として、
反射材でできたタスキを2本かけているほか、
自転車に赤いピカピカを2個装着。
さらに、ヘルメットにも赤いピカピカをつけている。

ま、こんなもん、気休めにすぎないけど。

北海道のクルマは、一般道でも、時速80~90kmで走る。
だから、トンネル内で100メートルくらい先を走る私を
見つけても、4~5秒で追いつくことになる。
ちょっと、よそ見でもされたら、ひとたまりもない。

午後3時16分、えりも黄金トンネルに入る。
交通量はすくない。けれども、クルマは考えられない速度で
ぶっとんでくる。タイヤがアスファルトを噛むときに発生する
パターンノイズ(乗用車だとシャーッという音)の音程で、
だいたいの速度がわかるのだが、時速100kmをかるく超える
速度で、後ろからクルマが迫ってきたときは、なかなかの
恐怖であった。午後3時32分、えりも黄金トンネル通過。


庶野(しょや)で国道336号線かわかれ、北海道道34号線に入る。
ちいさな食料品店をみつけたので、食料を買っておく。
大したものは売っていなかったので、さんまの缶詰と
魚肉ソーセージだけを買った。この先には、食料品店がまったく
なかったので、ここで調達しておいて正解であった。

えりも岬にむかって、南に走る。地図のうえでは、百人浜に
沿って走っていることになっているけれど、浜までは遠く、
どうやって行くのだろう、と思うほどであった。
こんなところでもと言っては失礼だけど、大きな家が建っており、
人が生活している。どの家にも必ず、大きな灯油タンクが
備えてあった。人は灯油さえあれば、どこでも生活できる
のだろうか。午後5時、百人浜オートキャンプ場に到着。

百人浜オートキャンプ場は、フリーテントサイトが1泊310円
という、まことに良心的な価格であるうえ、環境はすばらしい。
言うことなしであった。

hyakunin.jpg
百人浜オートキャンプ場

私のほか、泊まっているのは、長期滞在している雰囲気の
老夫婦など。土曜日だけど、とても空いていた。
近くにある高齢者センターにあるお風呂に行く。
とても安い料金であった。
湯上がりに爽健美茶を飲み、テントで寝転がる。
静かな夜であった。明日はいよいよ、えりも岬に到達する。
午後8時ごろ、就寝。


共通テーマ:旅行