So-net無料ブログ作成

釧路~長万部自転車ツーリング その5 [日本外周自転車の旅]

釧路から長万部まで、自転車で走った。(4日め)


4日め  新冠町~苫小牧  約75km tomakomai.gif


2017年6月26日月よう日。私は新冠町の判官館(はんがんかん)
森林公園にキャンプ場にいた。

昨日の夕方、キャンプ場に着いて、テントを張り終えるや
いなや、土砂降りの雨となった。雨は一晩中降り続き、
朝5時頃に起きたときも降っていた。その時点で、走る気をなくし、
この日はキャンプ場に滞在することを決め、二度寝してしまった。

午前8時ごろ、目をさますと、鳥のさえずりが聞こえる。
テントから出てみると、きれいに晴れていた。
あわててテントをたたんで、出発する。

昨日の到着は午後6時をすぎていたので、キャンプ場の
利用料をまだ払っていない。管理棟に行くと、
「管理人が不在の場合は、利用料をポストに投函してください。」
と掲示されている。ということで、住所、氏名を書いた
申込用紙に利用料600円を包んで、ポストに投入しておいた。

午前9時出発。
予定よりも3時間遅れである。今回の旅では、なんだか、
寝坊ばかりしている。
国道235号線は、不通となっているJR日高本線と並行して走る。
清畠駅付近では、線路が波に洗われて、ぐにゃぐにゃに
曲がっていた。レールというものは、こんなに簡単に
曲がるものなのか、と思って、すこし、びっくりした。

それにしても、線路が海に近いところを走りすぎている
感じがする。もともと、台風か、すこし高い波がきたら、
それでダメになるような感じの線路のようにみえる。
安全に運行するためには、路盤のかさ上げ工事が必要で、
それには多額の費用がかかるだろう。
これでは、廃線やむなし、という感じである。

hidaka.jpg
高波でぐにゃぐにゃに曲げられた線路


日高市に入る。
昨日、新日高市というところを通って、今日は日高市。
もちろん、別の自治体である。なんだかややこしい。
静内(しずない)、門別(もんべつ)のままでは、
いけなかったのだろうか。

門別には競馬場がある。
競馬のことは、よくわからないのだが、意外と大きな施設であった。
東京近辺にある府中競馬場や中山競馬場とくらべても、
その規模は遜色ないかもしれない。周辺には、競走馬を飼育する
牧場がいっぱいあった。

10hore.jpg
競走馬の牧場

ししゃもという看板が多くなり、鵡川(むかわ)に着く。
10月~11月のししゃもの漁期には、このあたりでは、
ししゃもの寿司が食べられるという。
いつか、ししゃもの寿司を食べるためだけのために、
10月に鵡川を訪れたい、と思いつつ、もう、何年も過ぎている。

道の駅「むかわ四季の館」で休憩する。ホテルや温泉が併設
されている、大きな道の駅であった。おみやげコーナーには
「本ししゃも」が売っている。東京のスーパーで売っている
ししゃもの代用魚カペリンとはちがって、とても大きくて、
まるまると太っていた。

mukawa.jpg
道の駅「むかわ四季の館」にて

鵡川から先は、日高自動車道の無料区間と並行して走る。
この日は一日中、向かい風が強くて苦労したのだが、
とりわけ、この区間は風を遮るものがまったくないので、
非常に風が強く、こいでもこいでも、なかなか進まなかった。

苫東(とまとう)という看板がある。
なんのことかと思われるかもしれないが、
「苫小牧東部地域産業用地」の略である。
日本最大の産業地域であるが、工場を建設する企業は
ほとんどなく、原野のままである。
何キロかすすむと、ようやく、いすゞ自動車の工場があった。

沼ノ端(ぬまのはた)から、国道234号線に入る。
午後3時ごろ、苫小牧に着いた。
今日は一日中、向かい風のなかを走ってきたので、
つかれてしまった。少し早いけど、ビジネスホテル
に泊まって、ゆっくりとからだを休めようと思う。
楽天トラベルで検索して、シングルで1泊5,150円
の部屋を見つけ、予約する。
ほか弁を買ってチェックイン。夕方から朝まで外に出ず、
ぐっすりとねむってしまった。


共通テーマ:旅行