So-net無料ブログ作成

釧路~長万部自転車ツーリング その6 [日本外周自転車の旅]

釧路から長万部まで、自転車で走った。(5日め)


5日め  苫小牧~伊達市  約109km murosan.gif

2017年6月27日火曜日午前4時に起床。
今回のツーリングでは、朝寝坊ばかりしてきたが、
ようやく、自転車乗りにとって、ふつうの時刻に起きる
ことができた。けれども、4日間で走行した距離は、
予定していたよりも100kmほど距離が足りておらず、
この時点で、函館まで行くつもりだった計画の達成は、
もはや絶望的である。

まあ、いい。
茨城~新千歳空港までの航空券は安い。
また、北海道に来ることができる、と考えればいい。

午前5時に出発する。
苫小牧から国道の番号がかわって、国道36号線となる。
この道は室蘭まで続いている。4車線あるので、走りやすい。
けれども、大型トラックがやたらと飛ばしているので、
自転車で走るのは、命がけだけど。

虎杖浜(こじょうはま)という、しぶい温泉街を通る。
海岸沿いには、かに料理の店がならんでいる。温泉と海産物の
両方を楽しみたい方にとっては、いいところだと思う。

国道36号線沿いに、500マイルという名の民宿がある。
昔、ピーター・ポール&マリー(PPM)という
フォークバンドがあった。私たちの世代では、知らぬ者は
いないくらい、有名である。その代表的なヒット曲が
「500マイル」であった。マリー・トラヴァースさんの
美しい歌声とともに、ご記憶の方も多いと思う。

500Miles
 If you miss the train I'm on.
 You will know that I am gone.
 You can hear the whistle blow.
 A hundred miles.
 A hundred miles, a hundred miles.
 A hundred miles, a hundred miles.
 You can hear the whistle blow.
 A hundred miles.

500マイル
 あなたが私の乗った列車に乗り遅れたら
 私が旅立ったことを知るでしょう
 あなたは100マイル先で
 汽笛が鳴るのを聞くでしょう
 100マイル、100マイル、100マイル、100マイル先で
 あなたは汽笛が鳴るのを聞くでしょう

                   訳詩 tak

500Miles(ピーター・ポール&マリー)

※権利関係は不明です



そのマリー・トラヴァースさんも、2009年に白血病により
帰らぬ人となった。私が好きだった歌手、芸能人などが
次々と亡くなっていくと、自分が老いているのを、
ひしひしと感じるな。

午前10時すぎ、登別(のぼりべつ)駅につく。
有名な登別温泉の最寄り駅だけど、温泉に行くには、
ここから標高300メートルほどのところまで、
登らなければならない。バスで15分ほど。
さらに、クマ牧場に行くには、ロープウェイに乗る。

駅構内には、登別温泉のパンフレットが置いてあった。
英語、中国語、韓国語版はあったものの、日本語版はなかった。
現在の北海道観光事情を、よく反映しているのかもしれない。

nobori.jpg
登別駅にて


さらに国道36号線をすすみ、東室蘭(ひがしむろらん)から、
室蘭市街方面に向かう。
午後0時10分、母恋(ぼこい)駅に着いた。
母恋駅は、青春18きっぷのポスターとパンフレットに
使われた駅なので、どんなところなのか興味があったのだ。

来てみると、なんてことはない駅であった。
母が恋しい、という駅名だけで決定された感じであり、
担当したカメラマンも、さぞや困っただろうなと思う。

bokoi.jpg
bokoi3.jpg
bokoi2.jpg
bokoi3.jpg
母恋駅にて

青春18きっぷPRポスターに室蘭・母恋駅の写真採用 (室蘭民報社)
https://this.kiji.is/210216708034478089


母恋駅から、急な坂を登る。
2017年6月27日午後1時10分、地球岬に着いた。
地球岬は、正式にはチキウ岬といい、アイヌ語で「断崖」という
意味だそうだ。たしかに100メートルくらいありそうな断崖が
続いている。きれいに晴れてくれたので、しばし景色に見とれる。

chikyu02.jpg
chikyu01.jpg
地球岬にて



地球岬から東室蘭にもどり、こんどは北にむかって走る。
国道の番号が変わり、国道37号線となる。
東日本最大の吊り橋である白鳥大橋が見える。
渡ってみたいけど、自動車専用道路なので、自転車では
わたれない。

さらに国道37号線を北上。
午後5時ごろ、道の駅「だて歴史の里」で休憩する。
仙台の伊達家ゆかりの地であり、JRの駅名は
伊達紋別(だてもんべつ)である。

さて、そろそろ、寝る場所を決めないといけない。
この道の駅は、ひろいから車中泊にはよさそうだけど、
市街地なので、テントを張ったりしたら110番通報されそうだ。
11km先のアルトリ岬キャンプ場か、18km先の道の駅とようら、
あるいは、20km先の豊浦海浜公園キャンプ場か、という選択になる。
もう、函館まで行くのは諦めているので、無理をせず、
いちばん近いアルトリ岬キャンプ場に行くことにした。

アルトリ岬キャンプ場に行くと、ホンダのクロスカブに乗った
先客がいた。テントのなかで寝ているようで、姿はみえない。
すこしはなれた場所にテントを張る。
アルトリ岬は、意外と景色のいいところだった。
しかも、利用料は無料である。

arutor2.jpg
arutor1.jpg
アルトリ岬キャンプ場にて


こういうところで、1週間くらい、滞在してみたいなと思う。
まあ、そんなことを言っていながら、いつも一晩すごしたら、
次の場所にむかって、出発してしまうのだけど。
つねに移動していないと気がすまない、損な性分なのである。

静かな夜であった。セイコーマート南有珠店で買った
幕の内弁当を食べ、すぐに寝てしまった。