So-net無料ブログ作成

中之条ダム、四万川ダム、野反ダム [ダムカード]

中之条(なかのじょう)ダム、四万川(しまがわ)ダム、
野反(のぞり)ダムのダムカードをゲットした。


nakajo.jpg
中之条ダム

shima.jpg
四万川ダム

nozori2.jpg
野反ダム



「ダムカード集めは、どうなっているのか。」
というお便りをいただいた。

いちお、つづけています。


すでに、神奈川県内のダムは、すべて集めた。
東京都内は、あとは白丸ダムを手に入れれば
コンプリート。もっとも、東京都内でダムカードを
配布しているのは、小河内ダムと白丸ダムの2ヶ所
だけだけど。
埼玉県内は、あとは荒川貯水池(彩湖)を手に入れれば
コンプリート。
けれども、群馬県はダムの数が多く、まだまだ、
集めきれていない。


2018年8月4日土曜日午前9時、私は群馬県中之条町にいた。
今日は、中之条ダム、四万川ダム、野反ダムをまわって、
ダムカードを手に入れようと思う。


まずは、中之条ダムに行く。
ダム管理事務所を訪ねると、オリジナルのダムカードと
ともに、とくにお願いしたわけではなかったのに、
群馬県企業局60周年記念カードもくださった。
かたじけない。

gunma.jpg
群馬県企業局60周年記念カード


nakanoj2.jpg
中之条ダムにて



四万川ダムは、土・日・祝日及び12/29~1/3は
ダムカードを配布していないのだが、隣接している
中之条町営の日帰り入浴温泉施設「四万こしきの湯」
に行けば、配布してくれるはずである。

しかしながら、行ってみると、四万こしきの湯は
2017年3月末で閉館であった。事前に調べていなかった
私がいけないのであるが、ウソー!って感じであった。

けれども、ダムカードを集める人のための救済措置
が書いてあった。「ダムカードの欲しい方へお願い」
とある。

simaga.jpg
四万こしきの湯(閉館)に貼ってあった案内


日本語がおかしいね。

正しくは、「ダムカードが欲しい方へ」である。
「の」は連体修飾語をあらわす格助詞であり、
主語(主格)をあらわすことはできない。
大学受験をされた方にとっては常識だよね。

最近の若い方は、「の」や「とか」を多用する傾向
があるので、こういった間違いを平気でする。
ま、それはともかく、アンケート用紙に記入のうえ、
返信用封筒とともに、ダム管理事務所に送れば、
ダムカードを送ってくださるようだ。

ありがたい。

ということで、その場でダムカードをゲットする
ことはできなかったけど、アンケートに記入して
ダム管理事務所に送ったところ、3日後にダムカード
が送られてきた。

つぎに、野反ダムに行く。
国道353号線から県道55号線に入り暮坂峠(くれさか
とうげ)を越える。国道292号線、国道405号線を北上し、
標高1561メートルの野反峠を越えたところにあるのが、
野反ダム、および野反湖である。

ちなみに、野反峠は分水嶺となっており、
野反ダムの水は、日本海に注ぐ。
地図に興味がない方にとっては、どうでもいいこと
だろうけど。
私が野反湖に来るのは、10数年ぶりである。
あいかわらず、きれいな湖であった。

nozori.jpg
野反湖にて


野反ダムのダムカードは、野反湖ビジターセンター
に行けばもらえる。行ってみると、DIYというか、
住所と名前を記入して、ダムカードを勝手に
取っていく方式であった。

私はズルをして2枚、もらって行こうかなと思った。
けど、考え直して、1枚だけ取った。
そういうセコいことをすると、せっかくのいい思い出が
台無しになるものである。ダムカードが欲しければ、
また来ればいいのである。



ということで、今回の記事のまとめであるが、
中之条ダム、四万川ダム、野反ダムは景色がいいし、
いいツーリングコースである。いい温泉もあるし、
秋には紅葉がきれいであるから、訪ねてみるのも
いいかもしれない。その際、ダムカードを
もらうのを、どうかお忘れなく。


この日は、非常に暑く、標高1,500メートルの
野反ダムでも、気温は30℃を超えていた。
私は草津温泉の大滝乃湯に行き、
ひと風呂浴びるとともに、脱衣場のところにある
畳のスペースで、ごろんと横になった。
すると、午後1時から4時まで爆睡してしまって、
八ッ場(やんば)ダムのダムカードを集めそこねて
しまったね。www