So-net無料ブログ作成

岡山~玖波(くば)自転車ツーリング その9 [日本外周自転車の旅]

岡山から広島県の玖波まで、自転車で走った。
そのつづき。

4日め  呉~玖波(くば)  約58km


前回からのつづき
宮島は、松島、天橋立とならび、日本三景のひとつとして
数えられる景勝地である。JRと広島電鉄の宮島口駅より
JRのフェリーが出ており、わたったところが有名な
厳島(いつくしま)神社である。

フェリーのりばには、「JR宮島フェリーのりば」のほか、
JR Miyajima Ferryという英語表記、
JR宮島渡船という中国語表記、
それと韓国語表記の案内看板が立っている。
前に来たときは、こういうものはなかったな。

日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国表記は
首都圏JRの駅のほか、都営地下鉄にもみられる。
けれど、ちょっと、中国と韓国の客を優遇しすぎ
という感じである。
フランス人、ドイツ人、あるいはスペイン語圏の国々
からの観光客が見たら、差別ととられるおそれがあるな。

私は現地語である日本語と国際共通語である英語の
2カ国語表記で十分ではないのか、と思うのだが。


miyajima.jpg
JR宮島フェリーのりばにて


それはともかく、宮島は周囲が約30kmという
意外に大きな島である。
人口は約2,000人。
島を一周する道路はない。
かつて、GB250に乗っていたとき、私はフェリーで
宮島に渡り、島の道路を走ってみた。
北側も南側も、林道で行き止まりになっていたな。

宮島は人口のほとんどは、北がわの一部に集中しており、
あとは無人島に近い。猿やシカなどの野生動物が多いから、
自転車で走るのは、やめておいた方が無難であると思われる。


さらに、国道2号線をすすむ。
大野浦というところに、「14番目の月」という
レストランがあった。私はユーミンのファンなので、
無視できない。
しかも、牡蠣(かき)直売と書いてある。
吸いこまれるように、入ってしまった。

自転車を置いて、店のなかに入ってみると、
大きなカキが水槽のなかで活きた状態で売られており、
客が自由にとって、会計をしたあと、
店内のコンロで焼いて食べる、というシステムに
なっている。

自転車旅行中の私は、魚介類は口にしないことにしている。
食あたりでもおこすと、生命にかかわるからだ。
けれども、今回の旅行は、今日のお昼で終わりである。
そろそろ、JRの駅に行って、青春18きっぷで列車に乗り、
大阪にある家内の実家に帰らなければならない。
私は、すこしだけ、はめをはずすことにした。

カキは栄養豊富で低カロリーである。
カキを原料にしたサプリのコマーシャルで、
エロいおねえさんが、
「男性がよろこぶ成分の亜鉛がたっぷり!」
とか言ってたし。

おねえさんは、具体的にどうよろこぶのかは、
はっきりと言っていなかった。
そのCMでは、効果について語っている人が映ったけど、
「個人の感想です」と、ちいさく表示されていたし。
だから、本当に男性がよろこぶのかどうかは懐疑的だけど。

私は、1コ400円の最高級のカキを3コ買って、
会計をすませた。店員さんに案内され、席につく。
焼くまえに殻をはずして、半分にしてくれるのかな、
と思っていたのだが、店員さんは、カキをまるごと、
ごろん、ごろん、とコンロにのせて、
「どうぞ、ごゆっくり。」
と言って、去っていく。
これだと、カキが破裂してしまうと思うのだが。

年末の休日で、家族連れがいっぱい来ている。
案のじょう、ときどき、カキがボンッと破裂する音が
店内に響く。そのたびに殻が飛び散り、子どもが
悲鳴をあげる。

なんだか、命がけである。

これほど危険な思いをしてまで、カキを食べなければ
いけないのか、と思った。けれど、これが広島流の
焼き牡蠣なのかもしれない。だから、文句を言うべきでは
ないだろう。

焼き上がったカキを、1個はそのままで、
もう2個は、しょうゆとレモンをかけて食べた。
めっちゃ、美味しかった。

oister2.jpg
oister3.jpg
焼き牡蠣


牡蠣を3つ食べて、元気が出た。
ふたたび走りはじめ、12時30分、JR玖波駅に着いた。
今回の旅は、ここまでとする。
自転車を分解し、輪行袋に入れる。
13:08の糸崎行き普通列車に乗った。
糸崎、姫路で乗り換え、大阪駅には19:58に着いた。

kuba.jpg
JR玖波駅にて


今回の旅は、岡山でホテルのルームキーを返し忘れるわ、
笠岡でヒッチハイカーに1,000円をふんだくられるわ、
食事をとらないで走っていたら、ハンガーノックで
動けなくなるわ。
で、呉駅前でやすんでいたら、110番通報されて、
警察官に追いかけられるわ、と、さんざんだったな。

けれども、人間、時間が経過すれば、いやなことは
たいがい、忘れてしまうものである。
そして、瀬戸内海の海の美しさとか、
広島のカキの美味しさとか、
そんないいことだけを覚えていて、
また、旅に出るのだろうな。
ま、そういう単純な人間でなければ、
自転車で旅なんか、しないんだけどね。


共通テーマ:旅行